佐島勤「続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(5)」 (電撃文庫:2022)+α

こんばんは皆様、三頌亭です。お久しぶりですw。今日はいつも読んでる佐島勤「メイジアン・カンパニー」の第5巻です。いままで、たくさん書いてきたキャラクターを縦横に使っての冒険小説と行きたいのが作者の本音ではないかと三頌亭は思っております。場面もマルチスクリーンのように変わってなかなかにぎやかで、面白いです。欲を言えば欠点は主人公がチート級の能力の持ち主なので上手く冒険になりにくいことぐらいでしょうか?。苦労して達成するという達成感が少し薄いですねww。今後に期待の出来る作品です。

 

さて、ここからはちょっと気になる最近の出版から・・・。国書刊行会のマッコルラン・コレクションです。生前の澁澤龍彦氏がくりかえし「マッコルランは現代に甦るべきだ」といっていたことをご記憶の方もおありでしょう。ある古書店のご主人に聞いたお話ですが、そのご主人は彼がなくなる少し前にマッコルランの「女騎士エルザ」を探しているらしいのでプレゼントしたことがあるそうです。後日、礼状が来たらしいのですがそれには「マッコルランの「国際的ヴィーナス」がもっとも好みだ」と書いてあったそうです。

 

現在、国書刊行会から全四巻の予定でマッコルラン・コレクションが刊行中です。「国際的ヴィーナス」は「世界を駆けるヴィーナス」という邦題で現在配本中です。アールデコの文学、レトロなモダニズムのお好きな方はいかがでしょうか?。

 

出版社紹介「北の橋の舞踏会・世界を駆けるヴィーナス」

ロシア革命の不安を背景に現れる美貌の密偵と放浪インテリ乞食集団……奔放過激な幻想や黒いユーモアが爆発する幻視的予言の書『世界を駆けるヴィーナス』。夜と海と砂丘の探偵小説『北の橋の舞踏会』。推理小説の要素を兼ね備えた傑作長編2編に、澁澤龍彦が短編『マドンナの真珠』の藍本とした幽霊船綺譚『薔薇王』を併録。」

佐島勤「続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(5)」

北の橋の舞踏会・世界を駆けるヴィーナス

 

石森章太郎「009ノ1(ゼロゼロナイン・ワン)」(1967年8月-1974年11月:双葉社「漫画アクション」)

こんばんは皆様、三頌亭です。これもたまたまアニメ版をみたので感想でもというわけです。スタジオパストラル制作の「009ノ1」で全13話です。あんまり当たらなかったかもしれないですね。原作漫画を初めて読んだのはサンコミックスだったと思います。サイボーグ009の女エージェント版といえばよいのでしょうか?。原作では石森さんらしくラストが哀切な雰囲気のものが多くて非常に印象に残ってます。なかなか「キューティハニー」みたいなわけにはいかなかったので、少し知名度が薄いのも仕方がありませんか・・。実写版なんかもあって・・、なんかうまくいえませんが、こればっかりはアニメ版まででしょうかww。

原作お読みの方いかがでしょうか?

009ノ1:サンコミックス

アニメ2013「009ノ1」

アニメ2013「009ノ1」:設定

 

「ザ☆ウルトラマン」(日本サンライズ:1979)

こんばんは皆様、三頌亭です。今日はたまたまネット配信で久しぶりに全50話を見直しましたサンライズの「ザ☆ウルトラマン」です。実はこの作品、本放送は見れなかったので、長らく見たい作品のひとつでした(テレビのない生活をしていましたww)。円谷プロといえば実写特撮だった頃、なんでこんなものをという色物感が拭えず、ビデオになるまでだいぶかかってしまいましたw。日本サンライズの初期の作品でベテランスタッフを投入して、35mmフィルムで撮影された当時としては力の入った作品でした。キャラクターの外見やストーリーの設定が当時の人気作「宇宙戦艦ヤマト」に影響されてたりするのはご愛嬌ですww。おまけに主人公のヒカリ役の声優さんが古代進役の富山敬だったりするので余計でしょうか?。

ザ☆ウルトラマン - Wikipedia

 

三頌亭はコスチュームや人物のデザインが好きで新しく最近のアニメ技術で作り直してくれないかとよく思っています。ところで余談ですがヒロイン役のアミアさんとムツミさんがヒカリをめぐって修羅場になったりしないのはこの時代のアニメらしくて好感が持てますww。

ザ☆ウルトラマン01

ザ☆ウルトラマン02

ザ☆ウルトラマン03

 

「津山事件の真実」(事件研究所:2013)

こんばんは皆様、三頌亭です。皆様、暑い日が続きますが、いかがお過ごし越しでしょうか?。ちょうど今台風が東海地方に上陸したとかで、コミケ初日はどうするのかというお話が出てましたがいちおう無事開催されたようです。今日のお題は同人誌「津山事件の真実」です。ところでこれは当方の認識不足なんですが、最近のコミケこんなものまで売ってるんですね~。びっくりしました。ほとんどの商業誌が二の足踏みそうなテーマが面白いです。

 

この「津山事件の真実」の新しい点は付録の部分に丸ごと収められた「津山事件報告書」(司法省刑事局)であります。スタンフォード大学までいって全文をコピーして掲載してあります。案外、面白いのがこの報告書の探索行のくだりじゃないかと個人的には思っております。松本清張の「ミステリーの系譜」や筑波昭著「津山三十人殺し」の一次資料となっている「津山事件報告書」の内容をオープンにしたことでそれぞれの著作の答え合わせができます。

 

ところで集中にはこの事件をモデルにしたフィクションについての言及があります。勿論もっとも有名なものは横溝正史の「八つ墓村」でしょうが、西村望丑三つの村」なんかもよく切り込んだ犯罪心理が素晴らしいです。古尾谷雅人熱演の映画もよくできてましたw。

ただ島田御大の「龍臥亭事件」についてはフィクションにもノンフィクションにもなりきれていないとしてばっさり切り捨てているのが印象的でした。蛇足ですが最も誤謬がなく短くまとまったノンフィクションとして松本清張「ミステリーの系譜」をお勧めしておきます。

 

さてマニアな方いかがでしょうか?

「津山事件の真実」

筑波昭著「津山三十人殺し

松本清張「ミステリーの系譜」

 

結城昌治「あるフィルムの背景: ミステリ短篇傑作選 」(ちくま文庫)

こんばんは皆様、三頌亭です。またまたお久しぶりですw。というわけで今回は読み残しというか、昔あんまり読まなかった作家の短編集です。どうも昔からハードボイルド系の作品って少し苦手だったもので・・・・。結城昌治「あるフィルムの背景」です。作風の好みは別として、アンソロジーピース目白押しの傑作短編集であることは間違いがないんじゃないかと思ってしまいましたw。でも、いまの小説の派手な筋書きと表現から見ればあっさりしすぎたものなのかもしれません。収録作品は下記にある通りですが、三頌亭は表題作の「あるフィルムの背景」に感心いたしました。それと今はもうこんな作品は書くことができないであろう「みにくいアヒル」に唸ってしまいましたw。ちと古い作品集ですが皆様いかがでしょうか?

 

出版社紹介

「検察が押収したわいせつ図画販売罪の証拠品、その中のフィルムの映像に妻と似た女性の姿を見つけた検察官の笹田は独自調査に乗り出すが、たどり着いたのは思いもよらない残酷な真相だった(表題作)。普通の人々が歪んだ事件を引き起こす恐ろしさと悲しみを巧みに描き、読者の予想を裏切る驚愕の結末を鮮やかに提示する。昭和の名手の妙技を堪能できる、文庫オリジナルの短篇傑作選。」

 

収録作品

惨事

蝮の家

孤独なカラス

老後

私に触らないで

みにくいアヒル   

女の檻

あるフィルムの背景

絶対反対

うまい話

雪山讃歌

葬式紳士

温情判事

あるフィルムの背景

 

映画『シン・ウルトラマン』(監督・樋口真嗣:脚本・庵野秀明)

こんばんは皆様、三頌亭です。お久しぶりですw。珍しく映画に行ってきたので感想でもアップしておきます。『シン・ウルトラマン』でございます。昔々、円谷プロのデザイナー成田亨の原画展を見たことがありました。「あっ!、カラータイマーついてないんだ!」と知ったのはその時でした。総監督の庵野秀明さんがそのことを知ったのはその時の成田亨の原画展かどうかは知りません。が・・・カラータイマーのついてないウルトラマンです。そのかわりカメレオンのように体の色が変わりますw。庵野さんらしいカット満載の新しいウルトラマンです。

 

まあ前置きははそのぐらいで・・・w。良くも悪くも「巨神兵」の庵野さんです。なで肩の手足の細い体型のウルトラマンからスペシウム光線まで「巨神兵」でした。びっくりしたのはメフィラス星人でもう完全にエヴァンゲリオンの体型です。オリジナルでは紳士で知的なメフィラス星人がなんか少し嫌味な野郎になってるのが少し残念ですw。あとゼットンメメントモリみたいになって驚きです。結構愛嬌のあるフォルムだったに・・・w。後半のストーリーはほとんどエヴァに近い気がしました。後どうでもいいんですけど口紅みたいなフラッシュビームやめてもらえますか?www。庵野さんと同世代のひとはいろいろ細部が楽しめる構造になってます。それを反映してか観客の方は私のようにじいさん半分、若い人半分でした。視覚効果はばっちりの映画ですので人気はまずまずといったところです。いかがでしょう?興味のある方はぜひどうぞ!!

映画『シン・ウルトラマン

 

『マルペルチュイ ジャン・レー/ジョン・フランダース怪奇幻想作品集』(国書刊行会2022)

こんばんは皆様、三頌亭です。今日は最近出版されたものの中から紹介いたします。ジャン・レーの「マルペルチュイ」ですね。やっと新訳が出たかという思いのする三頌亭です。前のブログでも紹介いたしましたが、月刊ペン社から旧訳が出たのが40年以上前ですw。最近 の分類ですとゴシック・ホラーの傑作ということになってます。入れ子構造が面白い作品で「ゴーメンガスト」や「アイアマンガー」お好きな人なら気に入ってもらえるかもしれません。今回の出版には短編集「恐怖の輪」とオランダ語からの翻訳でジョン・フランダース名義の「四次元 幻想物語集」が収録されています。本屋さんでチラっと立読みしたのですが、「恐怖の輪」の方が面白そうです。ジャン・レーの短編について今までに日本語訳のあるものについては大体目を通して、英訳本を3冊ほど読みました。できればジャン・レーの短編翻訳全集みたいなものをおねがいしたいとよく思っておりますw。余談ですが英仏ではジュブナイル向け・ホームズパスティーシュ「名探偵ハリー・ディクソン」のシリーズが有名なようですね。

 

出版社紹介

【怪奇長篇試し読み】現代ゴシック・ファンタジーの最高傑作『マルペルチュイ』第1章公開!|国書刊行会|note

note.com

 

 

【解説試し読み】『マルペルチュイ ジャン・レー/ジョン・フランダース怪奇幻想作品集』刊行記念「訳者解説」

https://note.com/kokushokankokai/n/n9810f98e3907

f:id:kms130:20220321153805j:plain

『マルペルチュイ ジャン・レー/ジョン・フランダース怪奇幻想作品集』

f:id:kms130:20220321153849j:plain

『マルペルチュイ』(篠田知和基訳、妖精文庫19、月刊ペン社、1979)